山梨のワイン造り ブドウ栽培の今!#7

こんにちは。醸造課の清水です。

“観測史上最も早い”梅雨明けとなった6月・・・

“命に関わる”異常な暑さに見舞われた7月・・・

山梨も、“例年とは違う”異常な天気となっています。

そんな中、8月を迎えモンデ酒造の管理している畑でもいつもとは“ちょっと違う”出来事が・・・。

 

『早い!全体的にもう色がきている!!』
『もしかして、今月中にも収穫!?』

 

浮足立ち、そして色めき立つ、醸造課・・・。

そうなんです。ブドウがいつもより余計に色づき出しているんです!!

このようにブドウが色づくことを、「ベレーゾン」と呼んでいます。

いわば、モンデ酒造の管理畑は今、ベレーゾンだらけといったところでしょうか・・・。

 

こちらは、会社のすぐ隣にある上屋敷畑。

一面、黒く実っているのは「マスカット・ベーリーA」です。

コチラの畑では特に、例年より早めに色がつき始めています。

下の画像はちょうど1か月間のベーリーAの房を比較したものです。

こんなにも変化が!!

3粒くらいつまんでみましたが、まだ少し酸味があります。

水分ストレスや寒暖差などの影響で色づいてくるブドウ。

これからちゃんと真っ黒に色づいていくのか、楽しみです。

収穫までの間、じっくりと成長を見守っていきます!

 

そのほか、山梨市の牧丘畑や、中央市の豊富畑でも同じように、ベレーゾンがはじまり、収穫の時が、刻一刻と迫ってきています。

今年のワインもぜひ、ご期待ください!!

醸造課では現在、前回のブログでご紹介したようにデラウェアの仕込みが着々と進められています。
(デラウェア仕込み詳細は第6回目ブログをご覧ください!)
#6ブログ⇒http://www.mondewinery.co.jp/blog/brewing20180719_506/

先日、仕込の中のデラウェアのワインを少し試飲してみると・・・

なんとも爽やかでフレッシュな味わい。9月の出来上がりが楽しみです!あと少しです!

 

8月に入っても、異常な猛暑が続く予想の山梨県。

収穫の時期が早まる可能性があるなど、状況はめまぐるしく変化していきます。

お天気と、ブドウを凝視しながら、今月も美味しいブドウづくり、ワイン仕込みは続きます。

 

最後に一つお知らせです。

7月からモンデ酒造の工場内の醸造場前にプロジェクターを設置いたしました。

そちらでは、ブログでは紹介しきれない、管理畑のヒミツや、モンデ酒造の畑へのこだわり、そしてワインの仕込みの様子などを動画で紹介しています。

動画の内容は随時、時期に合わせてバージョンアップ予定です!

醸造課の今をブログと共に、タイムリーにお伝えしていきたいと考えいます。

山梨県へ観光でお越しの皆様、そして石和温泉駅をついつい通過してしまいそうな皆様。

ぜひ途中下車してモンデ酒造へお立ち寄りいただければと思います。

好評のワインの無料試飲もやっています!皆様のご来場をお待ちしています!!

 

ブログ第7回もご覧いただき、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。

醸造課 清水